香典を渡す3つの方法

遠方にお住まいの方や、持病があったり仕事が忙しかったりすると、
訃報を聞いてもすぐに駆けつけることができない場合があります。
そんなときでも、まず優先したいのが、「香典」
訃報を聞いたらまず先に香典を渡す方法を考えましょう。

葬儀に参列できない場合、香典はどう渡したらいい?

訃報を聞いても、お通夜やお葬式に参加できない場合、
3つの香典の渡し方についてまとめました。

  • 参列者に頼む
  • 現金書留で郵送する
  • 後日別日に持っていく

  • 参列者に頼む

    葬儀にできない場合、香典を他の参列者に依頼するというケースは 珍しいことではありません。

    あまり公言されていないため、気付いていないかもしれませんが、 実はこの方法が一番、参列者にとっても遺族側にとっても スマートな方法かもしれません。

    ごく稀に香典を辞退されるご遺族もいらっしゃいます。
    そのため、郵送してしまうと遺族が返送する手間ができてしまうので、 そういった意味では参列者に一緒に持って行ってもらう方法が 良いかもしれません。

    参列者に香典を一緒に持っていってもらう場合、 あなたの名前と住所を記入するので お願いする人に情報を渡しておきましょうね。


    現金書留で郵送する

    なんだか郵送で香典を送るのって失礼?と思ってしまう方も いるかもしれませんが、現金書留で香典を送ることは 決して失礼なことではありません。

    香典はそもそも、故人の前に供えるものなので、 できれば葬儀に供えられると良い、とされています。
    そのため訃報を聞いた場合、なるべく早く 香典を現金書留で郵送しましょう。

    ・現金書留で送る香典の郵送方法

  • 1.不祝儀袋に現金を入れます。
  • 2.現金書留用の現金封筒に不祝儀袋ごと入れます。
  • 3.郵便局で手続きをし、郵送します。
  • ※現金書留の料金
    郵政のページです。オプションサービスの加算料金一覧
    現金書留は郵送する際のオプションサービスとなります。
    そのため、「送る封筒の通常料金(重さ・大きさ)」+「現金書留料」になります。

    現金書留の料金ですが、基本料金が430円で、損害要償額が1万円になります。(最低損害要償額)
    損害要償額が5,000円アップする度に、+10円ずつ加算されていきます。
    最高損害要償額は50万円まで。

    ≪香典の郵送は現金書留で!簡易書留は×
    簡易書留は原則請求書クレジットカードといった、
    「無くなっては困るもの」ではありますが、
    「貴重ではないもの」を郵送するときに使用します。

    そのため簡易書留で現金を送ることは原則NG
    簡易書留は現金を保証するものではないので、
    冠婚葬祭の現金郵送の際には現金書留を使いましょう。


    後日別日に持っていく

    生前故人と仲が良く、家ぐるみで親交があった方は、後日お伺いをして香典を持っていく方法があります。しかしこの場合、タイミングには非常に気を使わなくはなりません。四十九日以降であるか、そうでないかなどで香典が「御霊前」から「御仏前」に変わりますし、遺族の心情を配慮した上でアポを取るべきでしょう。早すぎても遅すぎてもいけないのが、後日お香典を持っていくという方法ですので、自信が無い方は上記の2つの方法で香典を渡します。

    他のコラムを見る