仏壇の選び方

仏壇は少なからずスペースを取るものなので、
自分のライフスタイルに合ったものを選びたいですね。
そんな仏壇選びについてのポイントをまとめました。

まずは宗派を確認しよう!

お仏壇はあなたの親しい人の祭壇でもあるため、
なるべく故人の想いを反映させた仏壇であるべきです。

そのため、まずは故人が信仰している宗派を確認しましょう。
宗派によって中心に置く本尊の神様も異なりますし、
また掛軸(脇尊)に描かれる僧侶が異なってきます。

さらには仏壇の様式も少々異なりますし、準備する仏具も異なってきますので、
生前に話し合っておくのがベストですね。

設置スペースを測ってみましょう!

お仏壇の設置スペースですが、家のスペースに合わせて 無理なく設置できるものの方が良いでしょう。 昔ながらの母屋・離れがあるような広いお家ならば大型仏壇でも構いませんが、 仏間がないご家庭ならば、上置仏壇にします。 仏壇を見に行く際は、タテ・ヨコ・高さを測ってから検討しましょうね。

仏壇の種類

仏壇の種類ですが、形や大きさだけでなく、デザインなどによっても分類されます。 様々な種類がありますので、自分の好みのものが見つかると良いですね。

≪形≫

・台置仏壇
台部分が付いた、最も一般的な仏壇です。
大きさは40尺(幅62センチ)~までのものになります。

・上置仏壇
タンスの上などに設置する仏壇で、仏壇の中でも一番スペースをとらないタイプのものです。仏間のスペースが必要ありませんから、手軽に仏壇を置きたいという方におすすめです。ただし座ってお祈りできないという部分は押さえておきたいところです。
大きさは16号~30号までです。

・半台置仏壇
地袋がある床の間に置く用の仏壇です。

≪デザイン≫

・金箔
豪華絢爛な印象のお仏壇。大型金箔仏壇はまさに極楽浄土を思わせる風格があります。
浄土真宗の方に多いデザインです。


・唐木
豪華さはさほど感じられませんが、細部までこだわった繊細な作りが上品です。
耐久性にも優れているので長く使うことができます。
宗派に左右されることが少ないお仏壇という点も評価ポイントです。

・家具調
家に馴染むタイプのデザインです。
いつもそばに居てくれるような親近感があるため、
若い世代から人気です。


・モダン
クリエイティブなデザインのモダン仏壇は近年人気上昇中。荘厳なイメージの仏壇を、芸術的に飾ってくれます。


仏壇・仏具の名称について

本尊は中央にある仏像を指します。
本尊はその宗派が大事にしている最高神を設置し、
その神様に導かれて故人も仏様になることを願う象徴でもあります。
宗教によっては仏像ではなく、曼荼羅を置く宗派もあります。
また本尊のサイドにある脇掛けも、宗派によって描かれる僧侶が異なります。

そのほかには、香炉やおりん、火立や花立、茶湯器・仏飯器、線香指しなどが
仏具として揃える必要があります。

小さめのお仏壇が気になる方は

宗派によって仏具の種類などが変わってきますので、 お仏壇屋さんと相談しながら大きさや形、デザインを決めると間違いがないですね。
ネットで手軽にお仏壇を購入したい場合は、下記の【小さなお仏壇】がお手頃です。

他のコラムを見る