お墓参りとは

お盆などのシーズンでお墓参りをする場合が多いのではないかと考えられます。実を言えば、霊園のお参りにもきちんとしたマナーが存在していて、亡くなった人や先祖を供養する上で大切なことです。お墓参りは頻繁に行うようなものではなく、年に一度ぐらいのものなので知っている人は多くないと思われます。しかし、亡くなった人や先祖を供養する行為なので、マナーを知った上でお墓参りに臨むのが妥当であるということができます。

お墓参りをする際

お参りに行くので手ぶらで行く人もいるとされていますが、そもそも亡くなった人たちを偲ぶ目的で行われるものなので構わないと言われています。何か持参してお墓参りに行く場合は、花、線香、食べ物などのお供え物などが持ち物として列挙されています。さて、お墓参りに行くのにどのような服装が適切なのか悩んでいる人もいるかと思われますが、特に決まりはないです。ただ、奇抜な服装は控えておいた方が賢明だとされています。シーズンですが、前に挙げたお盆だけではなく、春と秋の彼岸、命日などがあります。お墓参りは家族の幸福を願う意味も持っていると言われているので、志望校に合格したことや就職したことなどを報告するために行くというのもアリです。行く時間帯は朝または日中が望ましいとされていますが、夜にお参りするという風習があるところも存在しています。霊園や寺院に着いた時は、まず管理している人に挨拶をするようにします。柄杓や手桶を借り、手桶に水を入れた後、いつもお墓参りしている墓の元へ行きます。墓石の元に着いたら合掌し、それが終わったらお墓の周辺を掃除するようにします。墓石も言うまでもなく綺麗にしておかなければなりませんが、その場合は水を掛けます。


お墓参りの注意点

お供えも行うようにしますが、花を供える場合は花立に水を入れ、花は倒れないように短めに切って花立に挿し込みます。お菓子などをお供えする場合は、半紙を置いてその上にお菓子などを置きます。線香に火を点ける場合は束の形で点けるようにして、消す場合は息を吹きかけて消すのではなく手で仰いで消すようにします。これは口というのは、悪行が積みやすいと言われているからです。お供えや掃除が終わったら、数珠を掛けて合掌し、その後後片付けをします。お墓参りを気持ちよく済ませるようにするためにも、マナーを知っておくというのは重要なことだと言えます。またマナーを知った上で臨んでおけば亡くなった人たちも喜んでくれるだろうと考えられます。

他のコラムを見る