お墓参りのマナー

お盆ないし盆休みの期間や、彼岸とされる時(秋分並びに春分の日の前後各3日)は墓参りをする人をよく見掛けます。特に、盆休みとされる時期にはいつも共同墓地等では割と大勢の参拝者等が墓参りをしています。墓参りをする場合、作法ないし礼法を心掛けなければならないとされています。御墓ですが、これは先祖ないし祖先等を供養する場とされており、大切にしなければなりません。御墓ですが、地蔵様が付帯されている場合も、その地蔵様に対して敬意を払わなければなりません。

実際にお墓参りを行ってみましょう

盆休みの時期や、秋分並びに春分の日の前後3日間は墓参りをする事になっています。墓地に行く場合、早い時間帯に行く方が無難とされています。例えば、早朝の6時以前に墓地等に行けば、参拝者等は皆無に等しいとされています。そのため、難無く祖先等を供養することができることになっており、面倒な事は起き難いとされています。御墓参りの礼法ですが、供え物を持参しなければなりません。祖先等が好んだ物を持参した方が無難とされており、供養をする際には御墓には「清めという意味」の水を掛ける事になります。御墓ですが、綺麗に保全しておく必要が在ります。御墓に使われる石材ですが、耐汚染性に優れていたり、崩壊し難い物を活用すべきです。また、御墓の周囲に雑草が生えている場合、マナーないし先祖を敬うという意味で除去をしなければなりません。地蔵様ですが、これについても御墓と同様に敬意を払います。汚れたりしないように清めたりします。御墓参りですが、雑草等を除去したら水を掛けます。また、お線香を炊いて供え物をして、そして数珠を用いてお参りを行います。お供え物ですが、そのままにしておきます。また、墓地等ではお供え物が散乱していたりする事がありますが、これは墓地の管理者が掃除をする事になっています。盆休みの時期や、秋分や春分の時期に関わらず、御墓等に対して行う礼法は特に違いはありません。また、御墓に対しては御辞儀をするのも礼儀となっています。御花ですが、事前に用意しておくのが無難でしょう。


お盆と彼岸について

盆休みの時期や、彼岸の時期には墓参りをします。墓参りをする場合、一定の作法ないし礼法に則って行うものとされています。御墓に対して敬意を表するという意味で、墓参り後に御辞儀をするのは礼儀となっています。先祖に対して尊敬の念を示す場合、御墓の周りに生い茂っている雑草等は除去しなければなりません。墓参りをする参拝者等ですが、例外無く雑草駆除を行っています。雑草等ですが、生い茂っていると好ましくないとされています。墓参りの時期ですが、お供え物等やお線香の販売は活況とされています。また、花屋等では参拝者等が花等を買い求めるようであり、状況を見計らって購入した方が良いでしょう。御墓ですが、地蔵様も御墓の一部とみなされます。そのため、地蔵様に対しても敬意を表することになります。

他のコラムを見る