四十九日(しじゅうくにち)とは?

四十九日忌とは別名七七日(なのなのか)といい、
ご逝去された故人の魂が家を離れて
あの世へ向かう日のことを差します。

その日に法要を行い、無事あの世へと行けるよう、
遺族はお経を上げ、弔います。

そして四十九日の法要を無事済ませると忌明けになります。

四十九日に行われること

四十九日までは、故人の魂はまだ成仏されておらず、
生前住んでいた家に留まっていると考えるため、
新規のお仏壇は四十九日前はまだ開きません。

四十九日に納骨と仏壇開き(開眼供養)を行い、
正式にあの世へ成仏したということになります。

その他にも、忌明けということで、
葬儀に参列いただいた方に、香典返し を送ります。

そういった意味でも四十九日は数ある法要の中でも、
特別意味のある法要なのです。

法要について

初七日を繰り上げた方などにとって、
四十九日が初めての法要となる方も多いのではないでしょうか?

今まで参加することはあったけど、
もてなす立場はやったことがない・・・
そういう方も多いはず。

しかしだからといって不安に思う必要はありません。
前もって準備をしておけば大丈夫です。
形式ばかりにとらわれずに、故人を弔う気持ちを大切に、
良い法要にしたいですね。

法事の準備についての記事を読む

他のコラムを見る