初七日(しょなのか)とは?

初七日とは、逝去日から7日目のはじめの法事のことを指します。
法事といっても、葬儀後すぐにやってくるため、
みんなどうしているの?と疑問をお持ちの方も多いかと思います。

そんな方のための、最近の初七日の傾向についてご紹介したいと思います。

仏教における考え方

そもそもなぜ法事をするのか、ということですが、
仏教の中では人の死後、魂はしばらく現世(この世)に
留まっている
という考え方をするからです。

そして49日間魂としてこの世にさまよい続けた後、
天国(あの世)に成仏する、ということなのです。

四十九日にいたるまでの間、7のつく日はそれぞれ、
段階を踏んであの世へのステップを登っていく審判の日なのです。

そのため初七日をはじめとする7日区切りの日は
お経を上げて供養し、ご先祖様の霊を慰める日として定められています。

繰上げ初七日について

しかし逝去後7日というのは、遺族にとって大変短く、
また精神的にも苦しい時期でもありますので、
葬儀の日に同時に初七日を行うことが増えています。

これを「繰り上げ初七日」といい、
普通の法事とは異なり、位牌や遺影に向かってお経を上げます。

この場合、葬儀後に謝礼として渡すお布施ですが、 初七日用のお布施も一緒にしてしまうことがほとんどです。

葬儀とは別日程で初七日を行う場合

葬儀とは別日程で初七日を行う場合は、
通常の法事のときと同じように、
親族が集まり、僧侶にお経を上げてもらいます。
そしてその後会食をします。

お布施は、繰り上げ初七日とは異なり、
普通の法事と同じように葬儀費用とは別途お渡しします。

どちらの場合も気持ちが大事

どちらの初七日を行う場合でも、
故人やあなたの気持ちが大事なのではないでしょうか。

あまり形式にとらわれすぎずに、
心穏やかにお見送りできたら良いですね。

他のコラムを見る