近年では少子高齢化に伴い、お通夜・お葬式の形式が簡略化されることも多いです。
そんな中でもお葬式の最小の単位とも言われるのが火葬式になります。
そんな火葬式についてみていきたいと思います。


今注目の火葬式とは?

火葬式とは

火葬式とは他にも「直葬」や「密葬」とも言います。
ご逝去からご遺体の安置、そして1晩過ごした後、火葬をするという流れになります。

火葬式は本当に近い人のみで行う式ですので、
お通夜やお葬式といった形式的な儀式は基本的に行いません。

遺体安置の際にも、読経をする場合が多いのですが、 火葬式の場合は近親者のみのお祈りでお別れするケースの方が多いです。

そんな最小単位のお葬式、火葬式(直葬、密葬)のメリットデメリットについてみていきたいと思います。

家族葬との違い

火葬式と家族葬に明確な差があるわけではありません。
しかし一般的には、家族葬よりも葬儀の行程を簡略化したものを 火葬式と呼ぶ場合が多いです。

家族葬の場合は本当に親しい近親者のみで葬儀を行いますが、 その場合でも読経があったり、葬儀後の食事をとったりするケースが多いため、 家族葬はどちらかというと「小規模な一般的なお葬式」といったほうが イメージが近いかもしれません。

火葬式のメリットとは

火葬式のメリットは、なんといっても遺族の負担が最小限であるということです。
これは精神的にも経済的にもです。

一般的なお葬式をされる際、遺族側が「悲しむ暇も無いくらい忙しかった」と本音を漏らす瞬間があります。
そういった意味では、火葬式は最愛の人たちに囲まれた最期の時間を共にすることができるでしょう。

また急逝などで資金に余裕が無い場合でも、火葬式ならば安価で経済的にも負担が少なくなります。

<火葬式のメリット>

・最期の時間を近親者のみで過ごすことができる
・経済的負担が少ない

一方、デメリットは

一方、火葬式のデメリットですが、周囲の人々への告知がきちんとされないことが多かったり、葬儀に参加したかったと思っている人たちが出来てしまうことです。
告知をきちんとしていない場合、生前交流があったのに亡くなったのを数年後に聞いてショックを受けたなどというエピソードもあります。

また訃報を知っていながら、密葬という形でのお葬式を取ったため、形として何も弔うことが出来なかった、などという心残りが周囲の人々に生じてしまいます。

よって、火葬式(直葬、密葬)の場合、葬儀を執り行った人々は満足していても、生前交流のあった友人や親族にとっては不満が生じるケースがあるのです。

<火葬式のデメリット>

・参加者が限定的なため参加できない親族・知人から不満が出ることも

火葬式を行う場合の注意点

上記のことを踏まえて、故人を火葬式で弔う場合、生前交流のあった人々のアフターフォローが少なからず必要となってきます。
「○○という理由で、火葬式(直葬、密葬)に致しました。」ということをきっちりと伝えるようしましょう。
きちんと訃報の告知を行うことで葬儀後のトラブルも解消されます。

◎火葬式のあるプランはこちらから!

火葬式は「小さなお葬式」が行っています。ネットから申し込みもできるので、簡単・便利。

他のコラムを見る