喪中はがきの準備

逝去後、1年間は「喪中」となりますが、
気になるのは年末年始の年賀状ではないでしょうか。

特に年末にご逝去された場合、喪中はがきをどうするか 悩む方が多いようです。

そんな喪中はがきについてのちょっとした疑問について まとめました。

喪中はがきを送る時期

喪中はがきを送る時期は、
10月末~11月中旬までがマナーとされています。

11月下旬に入ってしまうと、年賀状を準備しだす方も多く、
喪中の知らせが遅いと、あなた宛の年賀状を既に 作ってしまったという方も出てくるからです。

喪中はがきをする場合、発注~発送まで
数週間要することがありますので、 10月に入ったら準備をしはじめましょう。

喪中はがきを送る範囲

喪中はがきを送る範囲ですが、 一般的には近親者に出します。
また、親族ではなくとも、お通夜・葬儀に参列して いただいたかたには、喪中はがきを 送っておいたほうが良いですね。

またお知らせの意味を込めて、
例年年賀状のやりとりをしている方にも送ります。

ご逝去が年末だった場合

ご逝去が12月末だった場合など、 年賀状や喪中はがきはどうしたらいいのか? ということですが、
年末の場合、既に年賀状を出してしまったという方も 多いでしょう。

喪中期間は基本的に1年間とされているので、

2016年12月末にご逝去された場合、

2017年12月末まで
が「喪に服す」期間になります。

基本的に喪中はがきは
「年賀を祝う状況ではないためお察しお願い申し上げます」
というメッセージを込めたお便りです。

そのため、2018年は年賀状をやり取りしても良いわけですが、
1年経ってもそういう気分にならない場合は、
喪中はがきを出しても大丈夫です。


自分で喪中はがきを作る場合

最近ではパソコンの操作が得意な人が増え、
喪中はがきもご自身で作る、という方も多いです。

しかし気をつけていただきたいのは、
印刷するはがきについて。

はがきにも慶事用や弔事用のものがあります。
そのため、喪中はがきは弔事用のものをえらびましょう。

切手も普通のものではなく、弔事用のものがありますので、
そちらを選ぶようにしましょう。

デザインですが、ネット上に色々テンプレートがありますので、
そこから引っ張ってきて大丈夫です。

業者に依頼する場合

業者に依頼する場合、デザインや文言など、
全てお任せできるので、便利です。

急ぎの場合などは業者に任せておくと
間違いが起きることも防ぐことができると思います。

他のコラムを見る