お盆とは

お盆ですが、これは夏季に実施される先祖ないし祖先等の供養ないしお供え等をする行事とされています。これは、お盆に関する解説において、そのように表現されており、これはお盆については一般的な意味となっています。お供え等ですが、夏のお盆の時期には日本各地で墓参りが行われることになります。また、この時期は会社員にとっては大型連休にもなります。お盆の時期ですが、例年、花屋やお線香等の販売が行われることになっており、行列ができるとされています。

お盆と旧暦について

お盆の時期ですが、かつては7月15日に行われたといいます。この時はというと、旧暦であり、この時期がお盆のお供え等の行事に相応しいとされていたそうです。ただ、現在は8月15日を中心的な時期としており、この時期に企業や役所では大型連休を実施することになっています。お盆ですが、「祖先等の霊が帰ってくる時期」とされており、この時期に墓の中に先祖の霊が存在していると信じられており、霊を慰めるという意味で墓参りを行うのが作法となっています。墓参りをする際に心得る作法ですが、共同墓地に行く場合は駐車場が完備されていればなるべく早い時間帯に行かなければなりません。お盆の時期ですが、早朝6時以前に墓地に行った方が良いとされています。また、駐車場が無い墓地等に行く場合、早朝6時よりも前に行く方が好ましいとされており、墓参りをする人が皆無であれば墓参りはし易いに違いありません。墓参りの作法ですが、墓地では個々の墓で行う事になります。また、祖先等の霊が存在している墓が雑草が生い茂っていれば、当然ですが祖先等に対して敬意を払うという意味で、雑草駆除をしなければなりません。また、お線香を炊いて、供え物をするのが礼儀となっています。また、供え物ですが、祖先等が好んだ物を供えるのが良いでしょう。旧暦のお盆ですが、これはかつて、江戸時代に奉行人が休日としたからとされています。


お盆の時期

お盆の時期ですが、この時期は祖先の霊を祀るという事で宗教的には意味が在るとされています。祖先を敬う事は普通であり、墓参りをする際には作法として雑草を駆除しなければなりません。また、供え物をする際は先祖が好んだ物を供えると良いでしょう。お盆の期間ですが、旧暦では7月15日とされていました。ただ、現在では8月15日が正式なお盆時期となっています。お盆の時期ですが、花屋やお線香等の販売は活況となるようです。墓地に行く場合ですが、早朝に行くのが無難とされています。早朝であれば参拝者等は皆無に等しいとされており、空いた時間帯に墓参りをすれば面倒でないとされており、夏であれば暑いので早朝は割と涼しいので比較的快適に供養ができるでしょう。


他のコラムを見る