初盆とは

現在は葬儀も様々な形をとる場合多くなり、お通夜、告別式が当たり前だったころとは様子も違ってきています。お通夜や告別式を行わずに、火葬だけを行う直葬とも呼ばれている葬儀や家族やごく親しい知人だけの家族葬などですが、何も行わないという選択をする家族などは別にして、葬儀が済み、その後の初七日、四十九日などの法要は大半の人たちが同じように行うのではないでしょうか。その中でも、特に気持ちを引き締めて行いたいという気持ちになるのが初盆ではないでしょうか。

初盆とは四十九日後のお盆のこと

初盆は人が亡くなり、告別式の後四十九日が過ぎて初めて迎えるお盆をいいます。
地域によって呼び方が違い、初盆と呼ぶところもあります。

お盆は毎年やってきます。季節がめぐるたびにやってきて、その時期は亡くなった人が帰ってくるという言われ方が一般的です。
住んでいる所によっては迎え火と呼ばれる火をたいてその煙を道案内にして帰ってくるともいわれ、お盆の終わりにはお見送りの送り火をたいて、また来年という気持ちをこめて見送るというところもあるようです。


お盆は残された人々の心の拠り所ともなるような行事ですが、特に初めて迎えるお盆である初盆は、それから先ずっと続いていく毎年のお盆よりもいろいろと注意してむかえなければならない事柄もあるようです。
初めてということもあり、法要は親戚や知人を招き、丁寧に行うところが多いようです。

まずは仏壇や仏具をきれいに清めて、お供えものを備えます。法要は僧侶を呼んでお経をあげていただき、そのあとは招いた人たちで食事をするという形が一般的です。
初盆は初めてのお盆なので、法要を営む側はもちろんですが、招かれた側も通常のお盆とは違います。
初盆のときには、お香典を包むことになっているようです。お香典の金額は、個人との関係にもよりますが、のし袋は金額に見合ったものを選ぶことが大切なようです。


初盆の際の法要

初盆の法要に招かれたときに着ていく服装は喪服が基本です。
しかし、きちんとした身なりであれば必ずしも喪服と限定されるわけではなく、故人の家族の希望で平服でということであれば地味で家族の方よりも目立っていなければ問題はないでしょう。

法要を営む側のご挨拶として、お香典をいただいたそのお返しは、法要の際の食事も含まれます。
さらに引き出物を準備しておく必要があるようです。初盆が初めてというだけで特別なのは、やはり亡くなった故人が初めて迎えるお盆という意識が高いからかもしれません。
法要を営む家族も参列する人も、いろいろ少し注意することがあるにせよ、とにかく心をこめて行うということがいちばん故人を偲ぶということになるでしょう。

他のコラムを見る