新盆とは

8月にはこれまで祝日はありませんでしたが新たに山の日ができます。でも企業などでは祝日以外に年末年始のような休みがとられることがありました。これはお盆休みと言われることが多いです。実際にどのような過ごし方をするのかは自由ですが、通常はご先祖様や亡くなった方を供養する期間とされています。8月の13日から16日の間にご先祖様などが浄土から地上に戻ってくるとされています。その時にお迎えやお見送りをする行事とされています。

新盆は四十九日明けのお盆を指す

お盆は毎年のように行われ、ご先祖様がいる人なら誰でも行います。大人であっても子供でも行います。では初盆、新盆はどのようなものかですが、四十九日方法が終わった後に迎える最初のお盆のことを指します。ご先祖様は全く知らない場合もありますが、この場合は自分の身近な人であったり、親族などが亡くなった後に行われます。時期はある程度明確に行われるので、8月の17日ぐらいに四十九日法要が終わったならその翌年のお盆が初盆、新盆になります。期間が近いことからその直前にしたいところですが、厳密に行うことが多くなります。お供えなどの行い方ですが、盆棚を設置します。精霊棚と呼ばれることもあり、地域、宗派で異なるので確認した方が良いこともあります。8月15日の前の12日ごろから仏壇の前に作ります。盆棚には仏壇から取り出した位牌を飾ります。仏壇の扉は閉めておきます。棚の上にはほおずきをつるすこともあります。通常のお盆でも提灯を飾りますが、新盆の時には白提灯を利用します。毎年使うのは絵柄の入ったタイプです。白いタイプは初盆の時しか使いません。お見送りをした後に送り火で燃やしたり、お寺に供養をしてもらうとよいでしょう。残しておくわけではありません。


新盆際には僧侶を招く

新盆の時には仏教などであれば僧侶を招くことになります。この時期は僧侶も非常に忙しくなりますから、早めに連絡をしておく必要があります。決まったお寺があるならなおさらです。四十九日法要の時などに新盆の時の話をしておくこともあります。お布施を渡すことになりますが、いくら渡さないといけないとの決まりはありません。相場としては3万円から5万円程度とされていますが、それぞれの家の状況があるので家族や親族と相談して決めるようにします。通常のお盆は遺族や親族が中心です。一方で新盆はお葬式などに参列してもらった故人と一定の関係のある人を招くことがあります。葬儀参列者の名簿があればそれを参考にして早めに連絡をしておくとよさそうです。

他のコラムを見る