葬式小物(持ち物)を日頃から準備しておく

喪服の準備はできたけれども、
そのほかにも細々としたわからないことがいっぱい。
そんなお葬式に必要な小物についてまとめました。

男性編

・黒のネクタイ

漆黒の黒のネクタイは冠婚葬祭の際は必須です。
必ず1本用意しておきましょう。

・シャツ

ブロードの素材による、白シャツを用意しましょう。
ボタンダウンのシャツかカジュアルなイメージがありますので、
普通の襟のものにします。

・カフス

カフスは基本的につけなくても良いですが、つける場合は黒の装飾のものにしましょう。

・靴

合皮のものか本革の革靴をで良いです。
革は殺生のイメージがありますが、クロコ柄などのいかにも動物を連想させるタイプのものでない限り、大丈夫です。
またあまりにテカりのあるタイプのものはNGです。

女性編

・アクセサリー

喪服のアクセサリーといえば、真珠のネックレスが連想されますが、
実は真珠のネックレスは必須というわけではありません。
お葬式で飾り立てる必要はありませんので、結婚指輪程度でよい、というのが一般的な考えです。

ただ、やはり洋装の場合ネックレスが無いとしっくり来ないケースもありますので、
あまり華美ではない小ぶりなパールネックレスがあれば便利です。

・パンプス

葬儀に参加する際の靴は、ヒールが低めで、太いものを選びましょう。
そしてキラキラとした金具が付いていないものを。

・黒のストッキング

葬式に参加する際は、タイツではなく黒のストッキングが正式です。

・カバン

喪服と同じように、光沢の無い素材を使った生地で作られたカバンを選びましょう。
華美な装飾が無く、こちらも靴と同様、極力金具が使われていないものにします。

・エプロン

礼服用のエプロンがあると、親戚のお葬式の際など、お手伝いがスムーズです。

男女共通編

・香典袋

「御霊前」と書かれたものは、どの宗教にも対応できるため便利です。

仏式の場合は「御香典」
キリスト式の場合は「御花料」
神式の場合は「御神前」

上記のものを使用します。

・薄墨ペン

葬儀の香典袋に描く際、薄墨を使います。
「急な訃報を聞いて、急いで準備をした」という意味合いです。

今ではコンビニにも薄墨・黒墨どちらも書ける筆ペンが
置いてありますので、1本持っておけば冠婚葬祭で便利です。

・ふくさ

香典袋を包むものです。
そのままカバンやポケットに入れている人も多いですが、
ふくさに包んでおいたほうが上品です。

・数珠

仏式の葬儀では数珠を使います。
他の宗派では使いませんが、日本では仏式の葬儀が多いため、数珠は一つ持っておくと便利です。

他のコラムを見る