宗教の確認

葬儀の前に故人の宗教形式を確認しておきましょう。(宗教形式は故人の信仰で行うのが原則とされています。) 仏式、神式、キリスト教式など葬儀の形式はなるべく早く決めていきましょう。
初めて葬儀を経験される家の場合、家の宗旨がわからず慌ててしまい、確認を怠って他の宗派の戒名をつけてしまうといったケースもあります。
そんな間違いをしてしまったら諸宗派によるしきたりで、他の宗教とは異なりかなり複雑でそれは戒名にも表れます。
そうなれば宗派によっては、菩提寺で埋葬や法要を行うのが困難になる場合もあるので、宗教の確認は十分に行ってください。

お葬式の殆どは、宗教者が先導する宗教的儀礼として開かれます。
宗教が異なれば、葬儀の儀式手順も違ってきます。(同じ宗教であっても宗派が分かれていたりするので作法が異なる事もあります。)
普段は宗教など意識する機会が無くても、万が一の時には故人や家系の宗教宗派について知っておくことが必要です。

他のコラムを見る