日蓮宗のお葬式やお仏壇・お墓について

他の宗派でも読まれている
南無妙法蓮華経」(法華経)ですが、この経典を教典としているのが日蓮宗です。
日蓮宗では特にこの「法華経」を重んじているため、他の宗派とは少し異なる部分があります。
そんな日蓮宗でのお葬式やお仏壇、お墓における特徴についてみていきましょう。

日蓮宗とは

総本山である身延山久遠寺

日蓮宗

開祖は日蓮。(立正大師)
浄土系の仏教宗派が「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えるのに対し、日蓮宗では「南無妙法蓮華経」と唱えます。
それは日蓮宗が仏教の経典である「妙法蓮華経」(法華経)を経典の中でも特に重んじています。
日蓮は天台宗の比叡山延暦寺や真言宗の高野山金剛峰寺、昔ながらの仏教の地である奈良などで15年間勉修しました。
そしてあらゆる教えの中でも妙法蓮華経が仏教の真理であるとし、その真髄を見極めるために新たな宗派を立ち上げます。
それが日蓮宗になります。


日蓮宗の葬儀

日蓮宗は南無妙法蓮華経という「題目」を唱えますが、それはお葬式でも行われます。
日蓮宗の数珠は一連の長い数珠で、菊房と呼ばれる下がり玉が付いているものが一般的です。
日蓮宗の葬儀に参加される際、他の宗派の数珠をお持ちの場合はその数珠でも構いません。

お焼香ですが、日蓮宗では1回が良いとされています。
理由は1回のお焼香に力を注ぐため、なのだそうです。

日蓮宗のお仏壇

GoddessHaririWithBaby

日蓮宗では「南無妙法蓮華経」と唱えることによって、全ての人は救われ、即身成仏を願っています。
そのため現世が極楽浄土でもあるため、お仏壇は極楽浄土を現している金箔仏壇を避ける傾向にあります。
黒檀紫檀を使ったお仏壇が選ばれる傾向にあり、仏具もそれに合った黒系のものが多いです。

本尊は大曼荼羅ですが、その前に日蓮上人の仏像を飾ることもあります。
脇掛は鬼子母神と大黒点になります。

日蓮宗のお墓

日蓮宗のお墓には「○○家の墓」「先祖代々の墓」などの文言に加え、「南無妙法蓮華経」が刻まれます。

他のコラムを見る