天台宗のお葬式やお仏壇・お墓について

天台宗は日本で広まっている
仏教の数多くに影響を及ぼしているといっても過言ではない宗派です。
仏教の宗派では「密教・法華」系に分類されますが、禅宗などの流れも組んでいる総合的な宗派です。
別称天台法華宗とも呼ばれることのある天台宗ですが、その教義や特徴についてみていきたいと思います。

天台宗とは


総本山である比叡山延暦寺

天台宗

開祖は最澄。(伝教大師
奈良時代、真言宗の開祖でもある空海と同時期に遣唐使として唐に渡った僧です。
最澄は中国天台宗を学び、それを日本に持ち帰ります。

天台宗の主な経典が「法華経」で、そのほかにも「阿弥陀経」や「大日経」も経典に入ります。
仏教には様々な宗派がありますが、その中でも天台宗はそういったあらゆる宗派の側面を尊重している宗派だとも表現されます。
総本山は滋賀県にある比叡山延暦寺です。
See page for author [Public domain], via Wikimedia Commons


天台宗の葬儀

天台宗の葬儀は先ほども述べましたが、あらゆる宗派を作った源のような宗派でもあります。
そのため念仏は「南無釈迦牟尼仏」ですが、他の念仏を唱えることもあります。

お焼香も1回~3回と、丁寧に行うならば3回といったように、特に取り決めがありません。

天台宗のお仏壇

Shaka Muroji Mirokudo

天台宗のお仏壇はお葬式と同様、ルールが少ないです。
ご本尊もご自身が一番信仰している如来することが多いです。(阿弥陀如来か釈迦如来)

ただ、やはり法華経の流れを汲んでいる宗派ですので、浄土系仏教が多く使用している金仏壇をするケースは稀です。

天台宗のお墓

お墓は真言宗と同じように先祖代々之墓の上に梵字を刻みます。
また、「南無阿弥陀仏」と刻印する場合が多いですが、その他の言葉を刻んでも良いので、ご自身で決められるのも良いでしょう。

他のコラムを見る