通夜の手順と日程

通夜とは遺族や親族、故人と親しい間柄であった友人などが参加して夜通し故人を見守る儀式の事をいいます。
亡くなってまもない故人の魂というものは、この世でもあの世でもない狭間の世界に彷徨っているとされているため、魂が彷徨わない為に道しるべの灯を絶えず照らすことで魂は道に迷わず天へと昇っていくことが出来るとされています。
古い風習ではありますが、現代もその風習が忘れられることなく今も守り継がれてる儀式の一つです。

通夜に至るまでの準備

  • 喪主を決める
  • ・宗旨・宗派・家紋の確認する
  • ・通夜・葬儀内容を決める
  • 式場(自宅・会館・寺院)
  • ・日程(通夜・葬儀)
  • ・祭壇の形式(白木祭壇・生花祭壇)
  • ・弔辞を誰に依頼するか決める
  • ・遺影写真(写真選び)
  • 香典返しの返礼品を選ぶ
  • ・会葬礼状の作成
  • ・通夜ぶるまいの準備(料理・飲み物・茶菓子など)
  • ・供花供物の準備
  • ・近親者や関係者に通夜・葬儀の日時と場所を連絡する

通夜の時間帯

主に夕方から夜にかけて行われます。(18時~22時頃)

通夜の役割分担

忙しくて人手が足りない時は、身内だけでなく親しい方やご近所、職場の方にも通夜でのお手伝いを依頼することが出来ます。

通夜の日程

通夜・葬儀の日程は遺族や親族の都合だけでなく僧侶、火葬場、式場の予定を調整しながら決めていきましょう。
また、六曜の一つである友引の日は避けましょう。
昔からある風習の一つで友引の日に通夜や葬儀を行うと文字通り『友を引いてゆく』の如く故人が友を引き連れていってしまうと言われています。
実際に多くの葬儀屋や火葬場は友引の日にお休みしているところがあります。
通夜の手順を心得た上で故人との一夜を大切にお過ごしください。

他のコラムを見る