遺言作成のメリットデメリット

遺言(ゆいごん、いごん)を作成したくない、
という方は意外に多く、法定相続に任せる
というももちろん選択肢のうちの一つです。
そんな遺言作成のメリット・デメリットについて
考えていってみましょう。

遺言書が無い場合

遺言書が無い場合、相続人は法定相続の手続きを行うことになります。

法定相続とは、配偶者や子ども、親、兄弟など、
それぞれ相続する割合が法律で定められています。

詳しくは⇒「法定相続とは?|終活特集」のページへ

遺言を残さないという選択ですが、
メリットとしては「遺言を作成する手間がないため楽」これに尽きます!

確かに法定相続のまま、財産を分配すれば、
それで相続は終了するのですが、
人の財産というものは、全て現金化できるわけではありません。

すぐには現金化できない財産として、よく問題になるのが「不動産」です。

自宅と現金を残すAさんの場合

たとえば、Aさんには2人の子ども(兄弟)がいて、
2,000万円の自宅と、1,000万円の現金を持っていたとします。

Aさんと長男(兄)はずっと同居していたため、
Aさん亡き後も長男はその自宅を相続するつもりでした。
そして次男(弟)は1,000万円の現金を相続。

そのように思っていたのですが、
次男(弟)が自分にはもう500万円をもらう権利がある!と主張し始めました。

遺言書に
長男(兄) 自宅を相続
次男(弟) 現金1,000万円を相続
と記載していれば、弟がそのように主張しても、
遺言書の効力がありますので、
遺産分配はそのようになります。

しかし遺言書が無い(法定相続)場合は、
2,000万円の自宅+1,000万円の現金=3,000万円の財産
ということになりますので、
長男(兄)1,500万円、次男(弟)1,500万円相続する権利があります。

当然のごとく、長男(兄)が家を相続した場合、
500万円次男(弟)よりも多く財産をもらっている計算になりますので、
500万円を次男(弟)に支払わなくてはなりません。

すぐに500万円支払うことが出来ればいいのですが、
現金が無いケースや
500万円相当の車を譲ったとしても、そんな車要らないといった
事情が出てきますので、
泥沼の遺産相続トラブルに発展してしまうのです。

このように、自分が天国に行った後、
自分の子どもたちに揉めてほしくないですよね。

そうならないためにもやはり遺言作成は大事なことなのです。

遺言作成のメリット

  • ・相続人の遺産分配が予め決まっている
  • ・遺産相続の手続きがスムーズ
  • ・分配しにくい財産の分配が可能
  • ・相続人以外の者にも財産分与が可能

  • このように、遺言作成は、自分自身だけでなく、
    配偶者や子ども、親や兄弟といった
    自分との関わりのある人のその後の人間関係を
    円滑にするためにも重要です。

    他のコラムを見る